本文へスキップ

株式会社コイケは福祉機器・健康機器のメーカーです。

技術情報・レポート

     

足温浴のすすめ

ゲルマニウムだけでなく、手足温浴をいろんな浴液でお楽しみください。きっとあなたに合った浴剤が見つかるはずです。もちろんゲルマニウム温浴もお勧めします。定番で実績がありますから。





      
  • 血行促進 

    手足は、心臓から遠く離れているため血行が悪くなりやすく、血行不良は、肩こり・冷え性などの原因とされています。手足温浴は、手足への温浴刺激によって血行をよくし、老廃物の排出を促し多くの症状を改善すると言われています。
    一般に温浴による肩こりなどの改善は、
    温浴により皮膚が暖まる→
    血管が拡張→
    血流量が増大→
    筋肉の血行が良くなる→
    筋肉の動きが良くなり疲労回復が促される→
    身体が軽くなる。
    これらこれら一連のシステムが一番大きな要因であると考えられます。温浴は昔からある最もポピュラーな健康法の一つです。

  • ツボ効果

    中国医療では、末端神経、ツボの多くが手足に集中していると言われ、手足のツボに温熱刺激を行う事は、多くの症状の改善に効果がある事が報告されています。

  • 大量発汗 

    手足温浴の特徴として大量の汗をかくことが上げれます。中国医療では発汗のツボがひじ近くにあり、それが発汗をより促進させているとも言われいます。発汗による老廃物の排出(デトック効果)の促進、痩身効果も期待できます。

  • どなたでも 

    手足温浴は、風呂やサウナのような全身浴とちがい、身体に対する負担が少ないので、ご年配の方、小児、病弱、虚弱な方でもお気軽にご利用ただけます。

  • なぜ全身浴に比べ負担が少ないか?

    通常の全身浴では、上半身にも水圧がかかり腹部・胸部を圧迫します、これにより横隔膜が上に持ち上げらられ、心臓や肺に負担がかかってしまいます。
    手足温浴では、逆に手足に水圧がかかり心臓への血液の戻りが良くなるため、全身の血流が良くなり筋肉の疲労回復が促進される事になります。

  • 足浴・半身浴・全身浴と手足温浴 

    足浴の特徴は、手軽さです。温泉町に行くと足浴が出来るコーナーが多く見られます。着替えをしないで簡単に入浴気分が味わえます。
    半身浴が健康に良いとされている点は、水圧による胸部への圧迫が少ないため、長時間ゆったりと入浴が出来る点にあります。これは一般に身体の弱い方の入浴方法として介護分野でもでもすすめられている入浴方法です。
    手足温浴は、半身浴の身体への負担の少なさと、足浴の手軽さを兼ね備えた合理的な入浴法です。全身浴などに比べ、のぼせ、疲れが少なく比較的長時間の温浴が手軽に行えるのが特徴です。

  • 入浴の注意点 

    手足温浴時には、十分水分補給を行ってください。大量に汗をかきますので無理な入浴をお控えください。体調については医師にご相談ください。
    入浴による汗と、循環血流量が増える事による腎臓の尿の製造の増大。これらによる血液粘度の増加が考えられますので、入浴前後にはしっかり水分補給をしましょう。

  • 入浴温度

    一般に40℃以上の熱いお湯につかると交感神経が優位になり、40℃以下のぬるめのお湯につかると副交感神経が優位なると言われています。
    睡眠前などはぬる目、お目覚め時には熱めをお試しください。
    また過度に高い温度での入浴はやけどや、体調不良の原因になりますので注意が必要です。

          
  • 入浴時間

    40~42℃で20分が標準的な時間です。長時間の入浴、繰り返しの入浴は十分注意して行ってください。
  • 浴剤の効果

    手足温浴による効果は、血行促進によるものだけでも、冷え性、自律神経室失調症、生理不順、神経痛、・肩のこり・疲労回復・しもやけ・あかぎれ・ひび・・・・と幅広く、さらに入浴剤との組み合わせで、より大きな効果が期待できます。

  • 手足温浴に適した浴剤

    現在数多くの入浴剤が市販されています。いろいろな入浴剤をミックスしてお使いの方も多く、体調季節に合わせての入浴を。あなたにあった入浴剤をお探しください。
    ちなみに現在、当社一番のお勧めは、生姜(ジンジャー)です。保温効果、発汗効果抜群です。(冷え性の方に特にお勧め)ぜひ一度お試しください。

種類 一般に言われている効能 備考
生姜(ジンジャー) 冷え性・神経痛・
自立神経失調症など
昔からある有名な入浴剤
ゲルマニウム 新陳代謝の促進 入浴剤人気No1
天然塩   冷え性、美容 お肌つるつる
大根干葉 冷え性、神経痛、生理不順など
ドクダミ 冷え性、神経痛、水虫など
乾燥よもぎ 冷え性、神経痛、しもやけ・
あかぎれ・ひび

イチヂク 冷え性、神経痛、ひびやあかぎれ、
肌荒れ、イボ取りに

びわ葉  冷え性、神経痛、肌荒れ
重曹 冷え性、神経痛、糖尿病、痛風 炭酸水素ナトリウム、炭酸水
炭酸 冷え性、神経痛、糖尿病、痛風 炭酸泉と呼ばれ
医療でも使用されています。ただし通常38度程度で使用しますので発汗量は落ちます
漢方薬草
イヨウ・センキュウ
トウキ
・チンピ・・・
アロマオイル
アロマオイル各種